水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い

格安ウォーターサーバーでイチオシの楽水ウォーターサーバーについて。水を買わなくても使い放題の月額固定料金制が魅力。水質もタンク内で浄水するので安心。天然水の宅配水ウォーターサーバーとの料金を年間費用での比較で差は歴然。

水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い 》 ウォーターサーバーは年間費用で比較する

格安ウォーターサーバーでイチオシの楽水ウォーターサーバーについて。水を買わなくても使い放題の月額固定料金制が魅力。水質もタンク内で浄水するので安心。天然水の宅配水ウォーターサーバーとの料金を年間費用での比較で差は歴然。

ウォーターサーバーにセットする水、安いですか?高いですよね。
ちょっと調べただけでも平均単価は12リットルで1,500円前後。大体24リットルが発注の単位ですから、1回3,000円の買い物になります。

3,000円という金額だけを見れば安いかもしれませんが、果たして1ヵ月を24リットルで十分なのか使用量を調べると、1ヶ月24リットルで済む世帯は、ほぼありませんでした。


【夫婦と子ども2人の4人世帯のウォーターサーバー1ヵ月平均使用量】
・飲用のみ = 48リットル = 推定 5,000~6,000円
・飲用と料理 = 96リットル = 推定 10,000~12,000円

同じアパートに住む方が、クリクラのウォーターサーバーを利用してます。こちらの世帯は、ご夫婦と大学生の娘さんの3人ですが、飲用と料理に使っているので、2週間に一度36リットルを配送してもらい、1ヵ月72リットル分をクレジット払いにしてるそうです。

契約当初は相場より安いと喜んでいたものの、夏場と冬場は追加発注も多く、メンテナンス料金も合わせて、大体年間10万円ほどの費用になっているとのこと。

クリクラは12リットルで1,250円(税別)ですから、相場よりは単価は安いです。コスモウォーターは12リットルで1,800円、サントリーはちょっと安くて1,150円、うるのんは1,759円です。

ただ、使用量は予測が付かないので水の料金だけを選択基準にするのは、後々、悩みのタネになるリスクもあるということです。


そこで福岡の業者が全国に手がけている「楽水ウォーターサーバー」をオススメしました。このウォーターサーバーは水道水を使って本体内で浄水する珍しいタイプです。費用は本体のレンタル料だけなので、比較的水を多く使っても心配することはありません。

⇒⇒ 水道水を使う楽水ウォーターサーバーはコチラ


浄水能力が高く、水道水の雑菌やトリハロタメン、残留塩素なども除去するので、品質に関しても安心です。

ウォーターサーバーの料金体系は大きく2つ。

■宅配水ウォーターサーバー → 従量課金制
■水道水ウォーターサーバー → 定額使い放題

これがベースになります。宅配水ウォーターサーバーとは水が定期配送されるタイプ、水道水ウォーターサーバーは水道設備から分岐配管して使うタイプです。ウォーターサーバーの費用の比較のほとんどは、宅配水ウォーターサーバーの料金体系の中での最安値探しに終始しています。本来の費用の比較は、宅配水ウォーターサーバーと水道水ウォーターサーバーでやるべきです。料金体系の違いを比較できるようシミュレーションしてみました。

水道水ウォーターサーバーの定額使い放題が安いことが分かると思います。宅配水ウォーターサーバーは従量課金制なので、どうしても人数が多いと水の消費量も増えるので、費用負担が大きくなりがち。レンタル料金無料であっても、費用負担に上限が無い料金体系では、ありがたみも半減します。宅配水ウォーターサーバーの料金体系の中で費用の比較もしてみました。

天然水の単価が数百円違ったところで、定額使い放題の月額費用とは比較にならない程高くなることが分かります。年間費用も計算しているので、よくご覧になって、ウォーターサーバーの検討をされてください。年間で10万円前後の費用を天然水にかける必要があるかどうか、ここを考えないと家計のシワ寄せは大きいです。もし10万円近い費用が節約できたら家族でレジャーに費やせます。どちらかと言えば、レジャーの方が豊かな暮らしになると思いますが、いかがでしょうか。

天然水を飲みたいなら、ウォーターサーバーではなくペットボトルで都度購入すれば良いです。常時、ウォーターサーバーの水を使いたいのなら、水道水ウォーターサーバーをレンタルして水道水を浄水した水を使えば、費用負担もかなり軽くなりますよ。水道水ウォーターサーバーは定額使い放題です。浄水する際はミネラル分は残るので、水道水からミネラル水を作りだしていることになります。

定額使い放題の水道水ウォーターサーバーは費用の面で有利です。天然水は飲めませんが、天然水に年間10万円近く払うのは健全なのでしょうかという話はしましたよね。独自アンケートでも天然水に憧れてた人に限って費用負担の重さに解約や水道水ウォーターサーバーへの乗り換えをしています。天然水の単価は平均1,500円が相場で、配送単位も12リットルボトル2本になりますから、使えば使うほど費用が増える従量課金制を認識していなければ家計は火の車です。

水の消費量をコントロールできるなら天然水が飲める宅配水ウォーターサーバーでも良いですが、コントロールできないから解約や乗り換えに走るのが現実です。目の前にウォーターサーバーがあっても使う水の量に気を遣わなければならないなんて、ウォーターサーバーの意味があるのでしょうか。費用負担が重いと感じている人は、定額使い放題の水道水ウォーターサーバーに乗り換えをおすすめします。

水道水ウォーターサーバーでおすすめは、楽水ウォーターサーバーです。楽水ウォーターサーバーは、月額固定のレンタル料金と水道代の実費負担だけだから非常に安いです。その他には、こんなメリットもあります。

◎ボトルのセット、空ボトルの返却などの手間不要
◎メンテナンス代不要の本体構造
◎専用カートリッジは無償提供で交換も数分
◎インターネット申し込み限定キャンペーンが使える

既に利用している方の感想などを参考にすると、違ったメリットも見えてきます。

ウォーターサーバーの悩みの大半は費用面であることは独自調査でもわかっています。ウォーターサーバーの安いか高いかは年間費用で比較して判断すると良いです。

ウォーターサーバーは長く使うものですから、選び方としては、向こう2年から5年まで、どのくらい費用が必要か、ざっくりでも見積りをしてもらうと検討しやすくなります。

年間費用が不透明なまま、無料お試しに釣られてウォーターサーバーを契約するよりは、まず、メーカーへ相談や問い合わせすることをオススメします。

⇒⇒ 楽水ウォーターサーバーの問い合わせはコチラ

宅配水をセットするタイプのウォーターサーバーは、水を注いだ後に気泡がボトル内に入り込んだりします。外気が入り込むということは、空気中の雑菌を取り込んでいるわけです。

実際、宅配水方式のウォーターサーバーは、使用中に細菌が増殖し、水道水の基準を満たさないものが数多くあるという記事が、朝日新聞のウェブサイト他多数のメディアで取り上げられました。

水道水を浄水するタイプの水道水ウォーターサーバーは、配管によって給水管から本体へ直接ホースで接続されてますので空気が入る余地がありません。赤ちゃん用のミルク、薬の服用に関しても全然大丈夫です。

品質面では、さらに専用カートリッジ3本で残留塩素やトリハロメタン、その他の不純物を取り除きますので、水道水を更に浄水することになるのでイメージとは違うクリーンな水が出ます。

そしてもうひとつ、水道水ウォーターサーバーには、防犯面で宅配水ウォーターサーバーよりもリスクが低い点があります。宅配水ウォーターサーバーは配達先が留守だと玄関先にボトルが置きっぱなしなのです。持ち帰って再配達ということはありません。サイト管理人の住まいの階下の住人がウォーターサーバーのユーザーらしく、2.3日、配送されたボトルが玄関先に置きっ放しでした。野良犬やカラスにイタズラされる危険性は十分あります。

ボトルの交換も必要としない水道水ウォーターサーバーであれば、イタズラの心配もありません。玄関先から12kgのボトル2本を室内に持ち運ぶことも大変です。交換の際は別室から持って来て交換することになりますから手間ですよね。交換の回数が少ないからこそ雑用は無くすべきです。まだファンヒーターの灯油を交換する方が軽いですよ。

ウォーターサーバーは業務用として事業所に設置されることも増えてきました。オフィスや工場に宅配水ウォーターサーバーを設置して、ボトル交換や保管の手間を考えると、従業員のための福利厚生になっているのでしょうか。顧客サービスでウォーターサーバーの水を無料で顧客に振る舞うにしても、店内スタッフが交換作業をするわけですが、水道水ウォーターサーバーにすれば必要ない仕事です。

コスパの高い安全で安心、衛生的にも心配無用のウォーターサーバーを選びましょう。