水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い

店舗なとで見かけるウォーターサーバー、結構、使ってる人多いですよね。病院の待合室にも置いてあると患者さんが利用しています。付き添いや見舞いで訪れる人も飲んでますね。業務用に人気のウォーターサーバーの条件や理想的な料金体系をまとめました。

水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い 》 業務用に人気のウォーターサーバー

店舗なとで見かけるウォーターサーバー、結構、使ってる人多いですよね。病院の待合室にも置いてあると患者さんが利用しています。付き添いや見舞いで訪れる人も飲んでますね。業務用に人気のウォーターサーバーの条件や理想的な料金体系をまとめました。

口コミで業務用にウォーターサーバーが使われている場所を探してみると、やはりオフィスが一番多いようです。 ただ、これは従業員向けの福利厚生のケースが多くて、次いでお客に対してすばやく出せる給茶室への設置が多くなってます。小さなオフィスだったら従業員用と来客用は兼用ですけどね。伸びてきそうなのはシェアハウスとかシェアオフィス、コワーキングスペースです。自動販売機でコーヒーやお茶、水も入手できますが、インスタント食品を食べる時はウォーターサーバーの温水が重宝されてるようですね。

季節ごとにも明確な用途があります。まず、夏場ですよ。 来客してくださった方がもし歩いて来ていた場合、当然すぐ冷たい物を飲みたいことでしょう。冷蔵庫から麦茶を取り出し、氷を入れて出す場合、いくら冷蔵庫に入れているとはいえ、氷を入れてしばらくしないとなかなか冷たくはなりません。氷も白い氷だと美味しくなさそうに見えますしね。ウォーターサーバーであれば、すばやく冷水を出すことができます。

冬場は更に便利です。ポットより電気代は安上がり。コーヒーをいれる場合などすぐに出すことができます。この利点は個人の家庭でもオフィスでも同じですね。オフィスでは頻繁に来客がありますし、待合室のようにできればフリードリンクのような物があると良いという場合もあります。例えば、待合室にウォーターサーバーと紙コップがあれば、それだけでだいぶ印象が変わります。使われなくても、そこにウォーターサーバーがあればイメージアップなんです。

携帯電話のショップでも見かけますが、ボトルが空になってることも多いですね。来客が多い店舗だとボトル交換のタイミングが全く無いようです。しかも重いですから、満タンのボトルは。そういう店舗は、水道直結式がボトル交換が無くて業務に集中できますし、待ってる人からの苦情もありません。携帯ショップはスマホの浸透に比例して、待ち時間が長期化してますから、どうしても飲み物は欲しくなります。ボトル空のウォーターサーバーを見ると、がっかりしますよ。

ウォーターサーバーの業務用は、その昔「冷水機」と言われる冷水専用機でした。デザイン性も何もない、単なる冷たい水を出す機械そのものでした。学校で使われていたので記憶にあります。夏は大活躍ですが冬は一切使われません。しかし、夏に冷水機が稼働しだすと、行列が出来るほどの人気でした。その冷たさは感動もので、お腹を壊すとか気にせずにガブガブ飲んでいたことを思い出します。もう30年近い前の話です。

今は時代の移り変わりもあって、冷水機もウォーターサーバーとして家庭に置かれる冷水、温水を供給する電化製品となりました。家電量販店に置いてないので、家電かどうかは別としても利用者の多い便利な電化製品です。JDSA(日本宅配水&サーバー協会)の統計数字によると、2018年は385万台が市場に出回ると推定されています。右肩上がりで、まだまだ伸びしろのある市場です。

そのほんどが一般家庭に置かれていると思われますが、業務用として使われているところも見かけます。具体的に病院やホテルのロビー、ホテル内レストランなどです。ホテルなどは天然水を宿泊者にサービスしたり、病院は待合室でくつろいでもらう事が主な狙いでしょう。どのぐらい費用が発生するのか、ちょっと興味もあったりします。

一例として、全国10の支店に天然水ウォーターサーバーを配置していた、とある関東の企業のケースをシェアします。あまりにも天然水ウォーターサーバーの経費がかかりすぎて頭を悩ませていた担当者は、従量課金制では、いくら予算があっても足りないと理解し、定額料金のウォーターサーバーを探していたところ、天然水では無いものの水道直結式ウォーターサーバーなら定額使い放題ということを知りました。全店舗で入れ替えを実施したところ、年間で100万円以上の節約になったそうです。

100万円レベルの節約は大きいですよ。波及効果として天然水の交換や水の在庫管理など、雑用が減った効果も大きいそうです。そうですよね、12kgのボトルを別室が持って来て交換するって、週に一度だったとしても面倒な作業です。

人がたくさんいる場所には、水道直結ウォーターサーバーが業務用に最適だと思いますよ。来客のおもてなしも、天然水だと残量を気にしなければならないですが、水道直結式ウォーターサーバーなら、そんな心配も無用です。

業務用のウォーターサーバーと家庭用のウォーターサーバーでは、何が違うのか。特に変わりはありません。個人宅に置くか、事業所に置くかの違いです。費用に関しても販売代理店によっては法人専用の料金体系があるのかもしれません。機能面では全く同じと考えて良いでしょう。かつて業務用にはサントリーやダスキンが目立っていましたが、市場シェアからするとクリクラ、アクアクララ、コスモウォーター、プレミアムウォーター、フレシャスなどが導入される傾向です。

実際、業務用ウォーターサーバーは、どのように活用されているのでしょうか。まずオフィスの休憩室もしくは給湯室ですね。古いガス湯沸かし器が設置されていると故障のリスクが高くなります。修理をしようにも生産中止の型番だったりすると部品調達が困難なので、ウォーターサーバーをレンタルしたという実例を聞くことが出来ました。病院の待合室などもよく見かけますね。目からウロコだったのはペットショップです。お店の従業員と店に居る動物たちの飲み水として使わるている事例も報告されています。

ペットショップやオフィスには、水道水ウォーターサーバーの事例です。宅配式も検討しましたが、やはり定期配送は数が少なくても業者対応や発注と在庫の管理、ボトルの交換などの雑用を避けたかったようです。水道水ウォーターサーバーは水道水を浄水してミネラルウォーターを作りますから、天然水と遜色ない品質です。しかも定額使い放題なので経費をムダに使う事もありません。消費量が多いと予想されるなら、業務用には水道水ウォーターサーバーが最適です。

楽水ウォーターサーバーなら、業務用として最適な大容量タイプのウォーターサーバーがラインナップされています。冷水16リットル、温水4.5リットルは、一般的なウォーターサーバーと比較すると冷水は約8倍、温水は約3倍のタンク容量になっています。このぐらいの容量であれば、ホットな飲み物が多く必要な時に、「温め待ち」せずに済みます。

業務用なら必然的に長期にわたって活用することになりますから、場合によっては買取も選択肢の一つです。レンタル期間が、ある程度長期化するなら買取した方がお得になることもあります。大容量プランもある楽水ウォーターサーバーでも買取可能です。

業務用でも家庭用でも柔軟な活用が強みの楽水ウォーターサーバーは、今一番、おすすめです。

業務用ウォーターサーバーとして楽水ウォーターサーバーをおすすめします。水道直結式ウォーターサーバーで、定額使い放題の料金設定なので大人数が利用する場所には最適です。ウォーターサーバーの中ではコスパは高い方になります。水道水を浄水してミネラルウォーターを作ります。レンタルのプランは6つありますので、環境に合わせてセレクトできます。

楽水ウォーターサーバー 6つのプランを見る

レンタル料金も格安で、お手軽プランなら月額費用は3,500円(税別)になります。オフィスで10人が割り勘で支払いをしてもひとり当たり350円です。ペットボトルのミネラルウォーター約2本分の費用で、1ヶ月も楽水ウォーターサーバーが作るミネラルウォーターが飲み放題になります。飲み水だけでなく、コーヒーや紅茶にスープ、カップラーメンなどにも使えます。特に温水は95度まで設定できるので、ぬるいカップラーメンが出来る事はありません。

そもそも水道直結式ですから、水を買う必要が無くなりますので、

・水の配達日の受取と保管
・水の交換
・空ボトルの処分または回収までの保管
・追加発注
・配達日の変更

このような雑用が発生しません。たかが月に数回の作業ですが、同じ日に全ての作業が発生するわけではないので、意外に面倒なものになってきます。それならば、いっそのこと無くしてしまった方が良いです。日常業務に差支えることなく置けるのは業務用として最高です。恐らく宅配式ウォーターサーバーを設置すると12リットルボトル交換作業は、男性が担当するハメになりますね。ボトルの重さは女性に不満な要素のひとつになっていますから。

宅配式ウォーターサーバーを入れてから余計な雑用が増えたとあっては、福利厚生の意味はありません。持ち回りの担当制も面倒くさいです。「水が無くなったから交換して!!」なんて言われるとイラッとしますよ、忙しい時などは。更に言えば、宅配式ウォーターサーバーは割り勘で支払っても、飲んだもの勝ちになり不公平感が露呈します。

例えば、12リットルで1,500円の天然水があるとします。6本消費したとすると月額費用は9,000円となり、10人で割り勘なら1人900円です。たった1杯しか飲まなかったとしても900円です。楽水ウォーターサーバーなら、1杯でも10杯でも350円で済むわけですから、不公平感は出なくなります。