水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い

ウォーターサーバーは一人暮らしの生活を豊かにする電化製品でもあります。今までの概念が覆ることになるでしょう。なぜウォーターサーバーは一人暮らしに不要という声が挙がっているのか不思議です。家事雑用を引き受け必要な時にサッと準備できる時短生活。

水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い 》 ウォーターサーバーで一人暮らしを満喫

ウォーターサーバーは一人暮らしの生活を豊かにする電化製品でもあります。今までの概念が覆ることになるでしょう。なぜウォーターサーバーは一人暮らしに不要という声が挙がっているのか不思議です。家事雑用を引き受け必要な時にサッと準備できる時短生活。

ウォーターサーバーは一人暮らしにいらないという声は根強いものがあります。昔はそうだったかも知れませんが、2018年現在で全国に375万台のウォーターサーバーが設置(日本宅配水&サーバー協会の統計)されています。毎年堅調に伸びている市場です。確かに一人暮らし世帯への設置は、かなり少ないですし、特に一人暮らし用のウォーターサーバーというカタゴリもありません。しかし、ウォーターサーバーは一人暮らしにいらないという理由も見つからないですよ。

恐らく、ウォーターサーバーは一人暮らしにいらないと考えるのは、問答無用でムダなものであるという思いが強くあるのではないでしようか。本当にムダかどうか、ひとつの例を示します。ウォーターサーバー利用者に独自アンケートを実施したところ、こんな回答がありました。

"実家の市営住宅で契約しています。数年前に、どうも水道水が変色してしまったようです。安全の観点から契約しました。一人暮らしの母親が使っています。主に調理に使っているようです。どうもタンクの赤さびだと思うのですが、水道水にそれが流れてきて気持ちが悪いし、とても飲める状態でないようでした。色々苦情は出していますが改善しないので困っていた所、丁度パンフレットがポストに入っていたようで相談を受けたのです。お風呂とかの水であれば特に問題はないんですが、調理に水は欠かせないので業者がよかったというより、とりあえず飲み水については安全を確保しなければならない状態でした。どうもそのせいで下痢をしていたんですが、改善したらしいです。安全な水は手に入りましたが、団地全体の問題なので早く解決してほしいです "

一人暮らしに限らず、特に築年数の古い集合住宅では、蛇口から出る水道水の品質を考えたことはありませんか。一人暮らしは一戸建ては珍しく、ほとんどが集合住宅ですよね。集合住宅の貯水タンクがメンテナンスされているとは限らないので、入居の際にウォーターサーバーを契約する人もいます。入居者オプションでウォーターサーバーを契約できる物件もある時代です。

快適性も大事ですが、健康を維持するためにも、浄水してミネラルウォーターを作る水道水ウォーターサーバーは一人暮らしにも必要だったりしますよ。

ウォーターサーバーについてレンタルしたことがある方に独自アンケートを実施したところ、契約の動機は様々でしたが、一人暮らしの方からも何名か回答を頂いています。20代の女性がウォーターサーバーをレンタルしたきっかけは、物件の入居者オプションでレンタル料金が無料で使える制度があったということでした。かなり珍しい仕組みです。

最近の賃貸住宅、特に一人暮らし向け物件は、設備とセキュリティが充実しています。家具もインターネットも揃っていて、敷金や礼金、保証金まで無料という、一人暮らしにとっては資金的に恩恵を受けられる物件も多くなってきました。昔は敷金、礼金、保証金は当たり前でしたが、敷金返還の問題などから悪いイメージが付いてしまい改善されたのかもしれません。更に一人暮らしの相場といえば古いアパートでしたが、現代では入居者が寄り付かない事情もあるでしょう。

賃貸物件は入居率が大事ですから、いかに満室にするか、管理会社は知恵を絞るところ。物件オーナーも満室の方が安泰ですから、時代に応じてサービスを考えなくてはなりません。そんな時代背景もあって、入居者オプションで、一人暮らしライフを充実させる提案は魅力的です。

女性の回答を詳しく見ていくと、レンタル料金は無料で、水の購入のみ負担ということでした。レンタル料金無料をタダで天然水が飲めると誤認することはなかったようです。しっかり不動産会社を通じて説明があったようで、きっちりと合意の上でレンタルしたとのことでした。ウォーターパックに入った水を交換するタイプで、交換自体は手間はとらないものの配送単位が4パックのセットなので飲みきれないこともあったそうです。

電気代は気にするほどでもなく、いつでも温水と冷水がスタンバイしているのは意外と便利だと気付かされたので、引っ越しの予定も無いのでレンタルし続けるということでした。契約期間は3年です。この3年という期間だけが唯一引っかかったようですが、あと1年というところまで来たので、早々に更新の連絡をするほど使いこなしていました。

サイト管理人の姪っ子の話です。来春より地方から東京へ上京して一人暮らしをスタートさせることが決定。短大から4年制大学への編入試験に合格したことがきっかけです。実家には宅配水ウォーターサーバーのクリクラが置いてあり、彼女が高校生の時からからレンタルしているので、そこそこ長い付き合いのようです。クリクラはウォーターサーバー市場で恐らくトップシェア。オリジナルのRO水をリターナブルボトル(回収タイプ)で定期配送する仕組みを採用しています。水の単価が安くて無料お試しもあるので、利用者は多くなるのは当然と言っていいかもしれません。

クリクラ 無料お試し 

そのクリクラを一人暮らしする際に姪っ子はレンタルして欲しい様子。クリクラのレンタル料金無料で水の購入代金のみの負担ですから、12リットルボトル2本だけなら2,500円(税別)なので、バイトするなら払えない金額ではありません。大学生はバイトが定番ですが、進学先によってはバイトする時間も無いほど学業に追われることもあります。姪っ子の進学先は学業に追われるタイプの大学なので、バイトは難しいでしょう。

大学生でウォーターサーバーはさすがにどうかなと思いましたが、もともと胃腸が弱く、クリクラをレンタルし始めてから不調を訴える事が無くなったこともあるようで、健康維持のためにクリクラの水が欲しいのかもしれません。クリクラのウォーターサーバーは一人暮らしA4サイズのスペースがあれば設置できますが、2本セットの配送である事、リターナブルボトルで配送日に空のボトルを返却しなければならないのでボトルを保管する場所が必要になります。

一人暮らしの住まいの広さまでは聞いていませんが、大学生と言う事から1R、1K、1DKになるでしょうか。スペースの問題よりも健康維持を優先するならレンタルすることになるでしょうね。ちなみにクリクラのサーバーは省エネタイプがおすすめです。初期費用として7,000円(税別)が必要ですが、電気代がクリクラのスタンダードタイプのウォーターサーバーの半分以下です。1年もレンタルすれば省エネタイプの方がトータルでランニングコストが安くなっていくので、省エネタイプが良いです。

ウォーターサーバーのレンタルのきっかけが、引っ越し業者の特典だったというケースも出てきました。きっかけはどうあれ、ウォーターサーバーに高い関心を示すのは女性が多いと思います。独自アンケートの回答も9割以上は女性です。年齢幅は20代から50代が多いですね。一人暮らしの割合は少ないですが、ゼロではありませんので、一人暮らしでもウォーターサーバー生活を満喫している女性はいます。利便性重視でレンタルしてます。

一人暮らしは全ての生活の責任を自分で負い、時間の使い方も学んでいく必要に迫られます。人間は、いくらでも怠惰に生活できてしまうので自律できる心がなければ、一人暮らしの生活は荒れていきます。サイト管理人も一人暮らしの経験はありますが、自由の意味を改めて知ったのは大きかったですね。自由とは、解放の意味もありますが、コントロールの主体が自分であるということに大きな価値があります。時間の使い方も自分のマネジメント次第なんです。

そんな一人暮らしは不便な点もあります。まず1Rの場合、キッチンが限りなく置物になりがちな点です。調理スペースの無い電気コンロ式のキッチンでは、湯沸かしと食器洗いの機能しか無いと考えて良いです。複雑な料理は効率的ではありません。電気コンロは熱効率が悪く、電気ポットの方が早いです。電気ポットもデメリットがあり使い続けると結晶化したミネラル分が付着して衛生的な問題も出てきます。消費電力も高いので電気代を必要以上にロスしている可能性もあります。

それらを考えると、ウォーターサーバーの温水や冷水が常にスタンバイ出来ていると、ちょっとした食事の用意も簡単に出来ます。朝の出勤前にコーヒーを飲もうとするも、電気ポットにお湯が溜まっていないことが何度もありました。ましてや水道水も築年数が古かったので、まともに使わずペットボトルのミネラルウォーターを購入していました。1Rマンションの7階に住んでいたので持ち帰る負担たるや相当なものでした。

ウォーターサーバーをレンタルする発想が無かったのは悔やまれます。一人暮らしの方のウォーターサーバーの費用対効果は高いと思いますね。引っ越し業者の特典でウォーターサーバーのレンタルが可能なら検討する価値はあります。