水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い

ウォーターサーバーの料金相場を知ったところで安くなるとは限りません。安い運用コストのウォーターサーバーを探すなら購入した分だけ支払う従来のウォーターサーバーは候補から外しましょう。定額料金飲み放題使い放題こそ最安値。おすすめ機種とは。

水道直結ウォーターサーバーは費用対効果が高い 》 ウォーターサーバー料金シミュレーションの仕方

ウォーターサーバーの料金相場を知ったところで安くなるとは限りません。安い運用コストのウォーターサーバーを探すなら購入した分だけ支払う従来のウォーターサーバーは候補から外しましょう。定額料金飲み放題使い放題こそ最安値。おすすめ機種とは。

ウォーターサーバーを置きたいけど、毎月の料金が気になったり、支払いが高額になったりしないか不安に思う人がほとんどだと思います。

ウォーターサーバーは、それ一つあれば冷水も温水も思いのままに出すことができる便利な家電です。機能は知っているのに、ウォーターサーバーの料金相場は、あまり知られていないですよね。一体どれくらいの料金が掛かるのでしょうか。

ウォーターサーバーの料金シミュレーションをする場合の注意点を挙げておきますが、その前に、改めてウォーターサーバーの現状についてです。

そもそもウォーターサーバーは工場や学校、オフィスの給茶室に置かれているイメージ、つまりは業務用がメインでしたが、今では家庭用もバリエーションが増えてます。だから家電と言っても過言ではないと思いますが、家電量販店で売ってないのは、何かあるんですよね。

その何かとは、やはり料金体系であったり、水を定期配送するという通販商品の面もあるからでしょうね。家電量販店では扱いにくい商品ですので、ユーザー自身が多い選択肢の中から選ぶ作業が発生します。

ユーザー自身が選ぶとなれば、優先すべきは料金ですから、料金シミュレーションは大事です。

ウォーターサーバーの料金の内訳は、一般的に、
・水の購入代金
・ウォーターサーバー本体のレンタル料金
・電気代
・定期メンテナンス費用
・初期費用として設置工事や運搬費用
ということになります。

ウォーターサーバーの料金内訳の中から、シミュレーションで気を付けるべき点は水の購入代金です。毎月変動する可能性が最も高い費用項目だからです。

ウォーターサーバーの水の購入代金以外は、一定の金額で納まりますので、安いウォーターサーバーを使いたいなら、水の購入代金を抑えるしかありません。水の購入代金を抑えるには、水の単価が安いのが条件になります。

水の購入代金、つまりは天然水を飲みたい場合、相場としては12リットル入りボトル1本あたり平均1,500円と見積もっておけばよいでしょう。もちろん1,500円より安い天然水や高い天然水もありますが、天然水の銘柄が決まってない場合は、1,500円で計算してみます。

ウォーターサーバーの料金の内訳は、一般的に、
1.水の購入代金
2.ウォーターサーバー本体のレンタル料金
3.電気料金
4.定期メンテナンス費用
5.初期費用として設置工事や運搬費用
ということになります。

これに実際の金額をあてはめてみます。金額の根拠は、実際に人気のウォーターサーバーです。

1.基本プラン12リットル2本セット 3,920円 (送料別)
2.本体レンタル 月額1,000円
3.電気料金 月平均980円(24L/月 使用時27円/kWh 換算)
4.定期メンテナンス費用 月額620円(オプション)
5.初期費用 有料設置サービス 8,000円
6.早期解約手数料 20,000円

このような内訳です。金額は全て税抜きです。
合計すると、毎月の維持費はメンテナンス契約も含めると、6,520円(税抜)となります。初回は設置工事を依頼した方がよいはずなので、8,000円(税抜)が加算されて14,520円(税抜)となります。

改めると、天然水の人気ウォーターサーバーをレンタルするために必要な毎月の維持費は、

初月 14,520円 : 2ヶ月目以降 6,520円

ということになります。

これはあくまでも毎月24リットルで済むならば、という条件付きなので、追加注文が発生すると、2本が発注単位ですから、1回の追加につき3,920円(税抜)が加算されていきます。

24リットルって少ないですよ。毎日2リットル使うと2週間もたないわけですから。2リットルって大きなペットボトル1本分です。飲み水と炊飯に使えば、あっという間に消費する量ですよね。

だから天然水の単価だけを見ると、契約してから痛い目に合うわけです。しかも2年あるいは3年縛りの契約ですから、中途解約金もバカになりません。つかも契約満了まで使わなくても水の発注だけは止められないので、料金タレ流しという事態も。

それならば定額飲み放題使い放題の水道水ウォーターサーバーがどれだけ合理的か、わかると思います。使う人の人数と消費量に左右されないので経済的です。

ウォーターサーバーの料金シミュレーションって、大体、月額の予想で終わってます。月額だけの比較じゃ意味がありません。年間費用を見ないと。契約期間は2年または3年なのですから、年間費用は無視できないはずですし、無視するわけにはいきません。

消費量の少ない月と多い月があるわけですから、そこをあやふやにして、料金シミュレーションをするのは止めましょう。

ここでは現実的な年間費用シミユレーションをしてみます。まず、天然水ウォーターサーバーの場合ですけど、人気機種の平均値と考えてください。先ほど計算した例では、

初月 14,520円 : 2ヶ月目以降 6,520円 ※毎月24リットル換算

という月額料金でしたから、単純に1年間だと、86,240円です。3年契約の合計となると242,720円(税抜)になります。恐ろしく高額になります。しかも最低発注数だけで追加の水は買ってないとする上での計算ですから、追加するたびに、更に積み上がっていくと考えて良いでしょう。

夏場や冬場は特に消費量が増える傾向ですから、3年契約トータルで30万円は予算として見ておくべきですね。これを見立てて契約をしないから途中で解約が増えます。

定額の水道水ウォーターサーバーだと、どのくらいの年間費用になるでしょうか。おすすめしている楽水ウォーターサーバーを例に計算してみます。

お手軽プランは標準的な契約プランです。3年間トータルで144,400円(税抜)です。10万円の差が出ました。差に契約更新したとしましょう。6年間では、

天然水ウォーターサーバー 485,440円(税抜)
水道水ウォーターサーバー 252,000円(税抜)

ほぼダブルスコアです。天然水ウォーターサーバーをレンタルすると、住宅ローンなどを抱えていると長くは使えそうにないですよね。しかも水道水ウォーターサーバーの楽水ウォーターサーバーはRO水も対応可能ですが、それでもまだ天然水よりコスパは良いですよ。

楽水ウォーターサーバーの場合は、買取も可能です。初回に買取しても良いですし、3年間レンタルした後でも、ずっと使っていたいと思えば買取に切り替えることも出来ます。切り替える場合は定価で購入する必要はありません。レンタル中に支払った分や事務手数料などを含めて再計算されるからです。

ウォーターサーバーの料金内訳や年間費用の目安が見えてきたと思います。ウォーターサーバーを置けるのは一般の家庭だけではありません。業務用ウォーターサーバーで料金が安い機種は無いものか、探している人もいるのではないでしょうか。業務用ウォーターサーバーと一般家庭向けのウォーターサーバー、はっきりした違いはありません。むしろほぼ同じと言ってもいいでしょう。法人契約というだけの違いですね。

昔は業務用ウォーターサーバーとして冷水機が置かれることもありました。実際、母校や元の職場に冷水専用機がありましたが、いつ設置したのか、メンテナンスはどうなっているのか不明なぐらい古びたもので、あまり使う気にはなれませんでした。冷水専用ですから冬の間は全く使われないので勿体ない気持ちもありました。

会社の福利厚生として、食堂に自動販売機等が置かれている事業所は多くありますが、個人的にはウォーターサーバーで浄水が飲めるようにして欲しかったですね。自動販売機は、今でこそプリペイドカードでの決済が出来ますけど、現金払いが面倒でした。それにお昼に薬を飲むという状況になると、トイレしか水を飲めるところが無かったんですね。これが嫌でした。何度か水も自動販売機のラインナップに加えて欲しいと頼んだのですが受け入れられませんでした。

従業員の健康維持を叫びながらも、水すら満足に飲めないという事にガッカリでした。水道水ならどこの蛇口でも同じ水が出るから心配ないという意味不明な考え方もあったようです。しかしメンテナンスの施しようがない給水管の内部には、赤サビやゴミが堆積しています。古い給水管ほど溜まっています。残留塩素による消毒効果も無いぐらいの不衛生な給水管を通った水で薬を飲む事が、いかに矛盾してるかってことですよね。

それからオフィスの片隅や雑居ビル、あるいは自社ビルには給湯室がありますが、そこにも水道水ウォーターサーバーがあると便利です。ポットにコーヒーを作り置きすると酸っぱくなって飲めたものではありません。そんなコーヒーを来客に提供できませんから、常に温水が出る水道水ウォーターサーバーだとサッとおいしいコーヒーでおもてなしができるわけです。